ジャンクで買ったFMV BIBLO NF40Yの実力を見てみよう

もう、購入してから早1ヶ月ですがデフォルトの状態でいろいろと試したことを書き忘れていたので今回はNF40YのCPUも全く変えてない状態での実力を見てみましょう

まずはデスクトップの状態
なにもウィンドウを開いてない時の状態はこんな感じです。
f:id:SI15_kyoko:20180427203635j:plain
バックラウンドで絶対なんか動いてそうな感じですがとにかくアップダウンが激しいです。使用率の上昇や下降のタイミングを合わせたかのようにCPUファンが加速減速を繰り返してますね...これはなかなかの拷問や()

次にChromeクリックからGoogleか開くまでの時間と使用率
(写真撮り忘れた...)
時間は約1分から2分程度でどこぞのInternet○xplorerと同じくらいかかります。ちなみにもちろん100%を余裕でオーバーしてます。とにかくやる気がすごいってことですかね~(適当)

最後に艦これへのアクセスから母港までにかかる時間というと...
(こっちも写真撮り忘れた...)
やはりフラッシュゲームだからかとにかく起動時が重いですし音切れが激しいですねぇ...クォレハ...
ちなみに母港到着までの時間はといえば完全に画像が表示されるまでに4分もかかりました

結果としてインターネットに関わる作業はCeleronMにはきついかもしれない...
というより10年物のPCに最新のWin10をぶち込んでる時点でなかなかの拷問かもしれませんねぇ

ちなみにああいう恋愛ゲーなどのexeファイルで動くものはデスクトップと同じ状態です。上昇したり下降したりだのとにかく忙しい感じですねぇ
ただ、ドメインのアニメーションになれば結構カクついてしまいますね

とりあえず近々CeleronM530からcore2duoT7200に移植してやろうかと思います。多少は元気になるんじゃないかと思います。あとはWin10からxpの次に好きで実家のような愛着感のあるWin7へダウングレードしますかね

今回は以上じゃ。

おまけ

ジャンクノートを買って、直してあそぼ!

なんとなく久々に作ってみたので見てくれればウレシイウレシイ...